shibata mansion 

何でも科学する窓まど

創意工夫のいろいろ

shibata柴田ーモリ未来コンクリート共同研究体

日本大学大学院研究科建設工学土木専攻

森ー日大構造の会幹部

https://www.seiwatec.com/smcon_jrb.html

私はいつも頭に記憶しているのがにがてです。ただなんでも興味深々で物を見たり触たりして幅広く通しています、何かで壁に当たった時に、何とか解決する動機になります、そんなことと同時に数件の難題をいつも思いだして頭を振り子のように振りながら頭の転換をいつもしています、ゆき詰まりの打破ですhttps://www.seiwatec.com/smcon_jrb.html

上のボタンクリックすると 柴田マンションshibata mansion メーンページにもどる

A)強靭なコンクリート関して鉄粗骨材補強材の開発順に紹介します

 10件特許済 最新数件出願中

B)ドライバーの心棒が前後プラスマイナスに移動するだけ特許済

C)苔。濾材の研究通じて水の研究(苔はかわいいですね)

D)円盤形飛行体の独創的なアイデアの コンセプトの模型製作中

E)創造的なエンジンのアイデアと自動変速シャフト

F)流し台排水管のつまり解消道具 七味唐辛子のビンもスプーン塗

 はしホーク等引き上げ具

G)コンクリートの特性を踏まえたアンカーボルトのアンカー部分

H)コロナに対する防御マスク試作品

I)クレーンの研究複数ブーム人間の手足のごとく便利に運用方法

J)ケーブルカー、ゴンドラ風、人の交通や物品の配送や搬送

K)橋梁などの施工で振り子押し出し方法のアイデア

L)リフトのアイデアでウオームギアーの応用、重量物のため

M)トレーラーの多連結、荷台との関係アイデア

N)乱反射ミラー利用の日陰部分の解消向けて

O)コンクリート板多目的用ボード 建材の研究(キットカット式)

P)土木建設の基礎アンカー機械の研究杭打機の研究

Q)土木建設施工の工法の自分勝手の、研究

R)機械シャフトで動力伝達方法アイデア自動変速シャフト

S)2階アップダウン式モーターホーム、多段も可(現リホーム中)

T)施工道具各種の研究

U)磁性受体コンクリートラインで自動運転用自動車道路リニア道路

W)磁性受体コンクリートのプレキャストコンクリートへの応用

X)磁性受体コンクリートPCコンクリートへの応用

Y)磁性受体コンクリートトンネルセグメントへの応用

Z)磁性受体コンクリートの点字ブロックへの応用目障害者の安全為

 車いす通路ガイド応用等



最新のアイデアは特許出願中です

1)強靭なコンクリートの開発について

コンクリートは面圧力には強いが引張力は期待できないので

そのコンクリートに引張力を大きく持たすことに焦点をあてた。

8/30建材試験センターで3,3~4,4N/mm平米の引張力通常は圧縮強度の10~13%が引っ張り

強度のところ235%上げることが出来ました、圧縮強度を上げればほぼ並行して引っ張り強度も

上昇する、もう一つすごいことは最大荷重を記録してからそのあとずっとせん断破壊爆裂破壊起こさずヒビの広がる速度がゆっくり正に強靭なコンクリートの姿でした、つまり鉄粗骨材、補強材の性質上セメント、モルタルの破壊をつなぎとめてる鉄材線材の力を示していることでした

 

2)鉄粗骨材、補強材一つ一つの骨材が小さな鉄筋国リートと考えその鉄筋コンクリートどうしが絡み合って硬化合体させればと考案した

メッシュ球体形フランジ付きの骨材で圧縮割裂引張力強度試験大成功。

2021/5/17日大にて

磁性体コンクリートのメリットは非常にたくさんあります、

たとえば未来のコンクリート道路舗装等ライン状に打設すると自動運転が確実に車が走れます、自動車版 リニアみたいなもの

目の不住な方々の誘導路杖の先にマジックローラーを付ければとか

最大の特徴はせん断破壊、座屈破壊、爆裂破壊が起きないこと

大学での友人、同窓で土木建設、橋梁等の構造研究の専門家の森様、モリ構造研究所社長様を紹介します、いろいろと相談にものってくれています、提携し合っていますよろしくお願いします、

モリ構造研究所  モリ構造研究所   瀬戸大橋構造設計の経験者

  URLをぜひ見てください、

https://www.seiwatec.com/ibh.html   https://www.seiwatec.com/smcon_jrb.html   https://www.youtube.com/watch?v=M3eS4saZLlo&t=22s

https://www.youtube.com/watch?v=VyLIC7SafxY&t=13s  

 https://www.seiwatec.com   https://youtu.be/n0vF9dhYA5o

コスモ技研株式会社

モリ構造研究所

8月30日建材試験センターで圧縮、割裂引張試験を普通のコンクリートで作った試験体で2,5倍くらいの成績が出た137KNで4,4N/mm平方せん断破壊爆裂なしの非常にしぶといコンクリートが完成しました、骨材の調整次第でもっとすごいコンクリートが出来る見通しできました、動画ができ次第アップします、性能アップの自信が出来る、一応成功

コンクリートの粗骨材、補強材に関して

1)4面体4面体の連続にコンクリートに入れた 

  場合どのようになるか? 引張力の安定増大を

2)鉄粗骨材とコンクリートとの相性

3)付着力の向上にはスパッタの溶着

4)鉄粗骨材の比重を考慮するために空洞化する

5)全方位からの応力に対しての形を考慮

6)引張力を合わせた形状、フランジ付き球体型

7)鉄粗骨材の強度とセメントの強度のバランス

8)鉄粗骨材の構造の見直しメッシュタイプに、

9)コストについて、集約絞り込み深化化

10)ワイヤー、針金の応用による骨材の開発

11)4面体連続のパイプのの中にピアノ線を通せるように

12)発想の転換による発見、発明、実証実験中

鉄粗骨材、補強材の基本的目的は

ワイヤーメッシュタイプでは 針金、バネ材、ピアノ線、を使っていかにコンクリートの強度を上げてゆくかに挑戦、最少減のコストで 複数回の立証実験で成果が上がり実験機のメモリがほぼ一回転最大の与えを示す位まで来た!現在公式実験中    強靭なコンクリートを作り上げることです

大阪のダイヤエンタープライズ株)から協賛実験材料の支援を受けています、非常に感謝しています、又関東の会社さん方からも声援受けてます、

左記の写真の鉄粗骨材、補強材は生コンクリートに混ぜてコンクリートポンプ車のホースで普通の砂利粗骨材と同じように打設できるように考えた。立体的なリング状に球体の直径は30ミリ以内を標準にして、特殊な時には最大60ミリ位まで可能

最少には20ミリ位と考えています、

1)この骨材は鉄で作ると磁性体コンクリートになり磁石が付

  くコンクリートになりプレキャストコンクリートに応用可

2)住宅の基礎などでは鉄筋組みなしで直接仮枠に打ち込める

3)鉄筋コンクリート造りの時にこの骨材で打設すると亀裂ができ難く圧縮力引張力共に強靭なコンクリートができる、メッキ材のものを使えば耐久性非常に良功

4)立体リング状のリング同士重なり合うところに非常にコンクリートを強靭なものに作り上げる特徴

5)劣化を大幅に遅くらせて長期的に安定的な強度を保つように考案した。

6)原則 針金、ばね材の鋼材を使うためにいろいろな効果が見込める、

7)骨材の形は多種類でき、用途におおじて使い別けのできるように、多種類のサンプル作成済

8)プレキャストコンクリートやいろいろな形状にコンクリートの打設と可能性追求実証実験 継続中

  

下記骨材サンプル写真の説明 鉄材を利用した場合コンクリートは磁性受体コンクリートで強靭です。

ステンレスを利用した場合のメリットはまず腐食しない、メッキ使用の場合は磁性受体コンクリートです

A)パイプの加工の骨材   B)鋼板プレス加工骨材   C)鋼板プレスにメッシュ加工による骨材 

D)フランジ付きメッシュ球体タイプ骨材   A),B),C),D),まで特許済み 以下出願中    

E)メッシュクロスホーミングタイプ骨材、補強材

F)スパイラルフォーミングクロス等による骨材各種 (菊花タイプによる骨材、補強材)

G)スパイラルフォーミングクロス等による骨材各種 (スパイラルクロスタイプ)

H)一本の針金線で各種骨材サンプル制作、いずれすべて量産できるようにと考えています、 

特許出願中

メッシュフランジ付き形による骨材骨材の実証実験成功済。 

35ミリ球体形(左記写真の骨材は線径1ミリ) 

大小と線径と網間の違いによってどのように各強度の変化を実験中(25~60ミリ)実験中 線径(1~2)

コンクリートの硬さの違いで(スランプ値)メッシュの球体の中に入る量によって強弱、軽重、コンクリートをコントロールできる、たとえば軽量コンクリート、重量コンクリート、強靭なコンクリート等

各種特徴が出せる、特許済  量産用に改良済

左記の写真のメッシュタイプで製造コストを抑えるための一方法で現在実証実験中

メッシュ同士がかさらないように考慮した考え方、短い針金のようなものをコンクリートに混ぜる方法はスチィールファイバーコンクリートは外国の発明ですが、

せん断破壊、や 爆裂が起きます、本発案の考え方は絶対にせん断、爆裂破壊は無にしてクラックで押しとどめるのが基本

このタイプの骨材による実証実験を継続中 立体オリンピックマーク形状、磁力線形状、複数、

大量生産形出願中

人工強化砂利について研究中です、

碁盤の目のように切れ目を入れ必要におおじてカットできる、建材、捨て仮枠のように使えて小さくバラバラにもできることを考慮、多用途に配慮した

曲げ試験材料320個

球体形メッシュフランジ付きの骨材の大小(外径60ミリ~20ミリ線径0.8~2.6ミリ位

パイプをカットして作る骨材、基本は4面体~8面体 厚み0.8~6ミリくらい

スパイラル交差両ひらき形、この骨材は強靭なコンクリートの代表形。

線径は0.6~4.5くらい全体の大きさは直径60ミリくらい標準は1.0~2.6ミリくらい 骨材同士がうまくかみ合ってコンクリート中に丁度良く分布して硬化すると

非常に強靭なコンクリートになりせん断爆裂 破壊が起きない

 

考え方は左記似てるのですがタイプ、コスト等を考慮した数種類の案のもの出願中

この骨材、補強材はコンクリートスラブ、コンクリート舗装路盤などいろいろに応用出来てコストが安くできるように考案しました

この骨材は楕円形、多角形のスパイラルスプリング状リングで作られていてセメントの付着性をよくするように考えている、

一本の針金線から多種類の骨材が作れるように考案している特許出願中のために具体的まだ教えられませんが、


プレス加工コンクリートメッシュ入り骨材各種、遠心力加工によるメッシュ入り骨材  及びメッシュ入りキットカット式コンクリートボード特許出願中

地球型シンボルマーク

意匠特許として公開中

フランジ付き球体メッシュタイプの骨材を使ってのコンクリートの圧縮、割裂引張力実験で約2倍の強度をだし成功、せん断爆裂なし非常に強靭なコンクリートが可能と成功、

現在までに数件の実証実験の考察ではコンクリート強度の強弱であっても引張強度の性能は確実に上昇してることを確認いずれ諸機関の許可得てから資料、動画をアップします、期待していてください、

苔のベット、観察中、苔が私の作ったベットで、現在4年半生息しています、苔さんが気に入ってくれたらいいね 濾材も兼ねて研究中

苔の寝床濾材として特許になりました、最終目的は飲める水の開発研究です、

水に関係した濾材の研究

上下水道、農業ハウスのフィルター、建築等のボード各種ボード材

コンクリート強度の基本はセメントペースト、モルタルが骨材とのいかに相性を最高に反映させるかの点、それは圧縮は当然引っ張り強度をセメントも含めてモルタルコンクリートを最大に包み込んでそれらを絡ませて従来からの欠点の割裂引張強度、せん断強度に対抗できる環境にも優しい宇宙地球に一番多い物質リサイクルは何度でも繰り返しでき大切な資産にもなり磁性受態コンクリートになり磁石のつくコンクリートとして応用範囲の優れた特徴のコンクリート、製品ができ鉄筋コンクリートを益々信頼できるクラックのでき難い安定強度、耐久性等にとんだ未来型コンクリートです、

鉄粗骨材補強材の基本的な考えは針金、バネ材、ピアノ線の応用から始まります、

shibata

株式会社I.B.H柴田

会社成立の年月日 平成18年 2006年6月2日

目的  1)下宿業 2)不動産の賃貸及び管理

    3)土木建築工事の施工及び請負

    4)建物のリホーム及びメンテナンス業

    5飲食店の経営 6)駐車場の管理

    7)前各号に付帯関連する一切の業務

基本的な会社の方針

  戦後先代の父親母親の築いてきた自給自足の精神       考 考え方を継承して農業しながら若い人学生さん方

  と共に生活環境、地方からの学生さんのお世話下

  宿業を始めて国の方針に従って世界の留学生さん

  の住居と日本の学生さんとの交流、その観点から

  留学生に日本の文化の紹介、日本の理解者親日家

  をと思い世界中の学生さんにいろいろなことを知

  ってもらうことが大切といろいろなところに連れ

  て行き体験してもらい、日本での生活を通じて好

  印象を持ってもらいたいと願い共に幸せを追及し

  たい。

JAPAN




 

 

 

we have a long history,,,,

歴史、、、情報待ちます OB名簿作成中

many friends of the world

リンク集

please contact us

メールお待ちしてます

i.b.h.shibata@gmail.com 

  

写真UP!2014年

   

 柴田マンションの動画です

MOV

a memory of 

the pleasantdays

写真集 

2016年ドイツからの留学生だったデービットさんが20年ぶりに訪問してくれました、

2011年

マレーシア スハイミさん里帰り

2010年

写真家ヤンさんがとった日本と皆さん

2009年

2008年

welcome Mr keness &奥村!

welcome Mr Jaisine!

2007年

welcome Mr suhaimi & 

Chinese OB!

2005年

welcome Mr pongsak!

2006年

welcome Mr somchai!

 

Welcome Mr Meller!

 

懐かしい写真コーナー